交通事故の慰謝料増額

交通事故で被害を受けたら、まずは保険会社と交渉を行うようになるのですが、保険会社はできる限り被害者への支払額を下げようとしてくる傾向にあります。そのため、被害者にも非はなかったのかと厳しく追及してくることが多いでしょう。もちろん被害者に非がある場合もあるでしょうが、明らかに加害者が有利になるような保険料しか支払われないケースもあるのです。このような場合には、保険料の増額を申し出たとしても、応じてはくれないでしょう。

では、どのように対策を練ればよいのでしょうか。それは弁護士に相談をすることです。弁護士に相談をすることで、保険会社から言われた保険料よりも増額することが可能になるので、もし保険会社が提示した料金で納得がいかない場合には、すぐに弁護士へ相談をしましょう。ただし、いつまでも保険会社が待ってくれるというわけではないので、できれば交通事故によって被害を受けてからすぐに弁護士に相談をするのがベストだと言えます。

保険料が支払われてから相談をしたとしても、慰謝料の増額ができるケースというのは圧倒的に低くなってしまうので、最低でも支払いが行われる前に相談を行うことで、慰謝料の増額ができる可能性が高くなるのです。また、弁護士に依頼することで、保険基準の支払い金額から、裁判基準の支払金額にすることもできます。当サイトでは交通事故の被害者へ支払われる慰謝料を、どのようにすれば増額できるのかという点について解説を行っています。